CATEGORY

ピル

\\教えて先生!// 「生理とどう つきあえばいい?」

\\教えて先生!// 生理とどう つきあえばいい? 学校生活や部活などをするうえで、悩んでいる人も多い生理のこと。 悩みを忘れてラクに快適に過ごすための方法について、佐藤先生に聞きました!   一生の生理の回数は少ない方がいい 生理は毎月1回くるのが当たり前で正常なことと思われていますが、実は必ずしもそうとは言えません。一生を通して生理の回数が多すぎると、子宮や卵巣の病気にかかる可能性が […]

ピルの基礎知識

毎月やってくる生理。出産するためにはないと困りますが、生理前のイライラや生理痛とあと数十年もつきあうと思うと憂鬱ですよね。それらの悩みを解決する方法の一つにピルがあります。生理にまつわるさまざまな悩みを解決してきた酒井淳先生に、ピルの上手な活用法を聞いてきました。 元町レディースクリニック 酒井 淳 先生 1985年慶應義塾大学医学部卒業。その後、大田原赤十字病院、平塚市民病院、慶應義塾大学病院な […]

生理日を自分でコントロールする

「イベントの日に突然、生理がきてパニックになった!」「生理痛のせいで、いつもの力が出ない」…。 こんな時に備えて、あらかじめ生理日を自分でコントロールできるのを知っていますか? ピルの正しい知識を身につけて、生理と上手につきあえるようになりましょう。 ながまつレディースクリニック 永松 晃 先生 鳥取大学医学部卒業後、九州大学産婦人科などを経て2001年開業。1男2 女の父。大阪府立泉鳥取高校の校 […]

【Q&A】ピル診察の頻度が高くなるのはなぜですか?~清水先生

月経困難症での悩みを抱えている方で、ピルの処方を受けている人も多いはず。 簡単な診察のように見えて、先生は何を診ているのでしょう? 清水先生に、聞いてみました。 ポートサイド女性総合クリニックビバリータ 清水 なほみ 先生 2001年、広島大学医学部卒業。広島大学附属病院産婦人科、ウィミンズウェルネス銀座クリニックなどを経て、2010 年、横浜に「ポートサイド女性総合クリニックビバリータ」を開業。 […]

【Q&A】ピル診察の頻度が高くなるのはなぜですか?~船津先生

月経困難症での悩みを抱えている方で、ピルの処方を受けている人も多いはず。 簡単な診察のように見えて、先生は何を診ているのでしょう? 船津先生にお聞きしました 船津 雅幸 先生(船津クリニック 院長)昭和大学医学部卒業後、昭和大学病院、亀田総合病院、共立蒲原総合病院など7つの地域の中核病院と2つの医院勤務を経て平成18年12月にクリニック開業。患者さんが言いづらいこと、本当に悩んでいることを理解でき […]

【Q&A】ピル診察の頻度が高くなるのはなぜですか?~内出先生

月経困難症での悩みを抱えている方で、ピルの処方を受けている人も多いはず。 簡単な診察のように見えて、先生は何を診ているのでしょう? 内出先生にお聞きしました。 内出一郎 先生(内出医院 院長) 医学博士。東邦大学大学院卒業。東邦大学医学部産科婦人科学講座にて研鑽。東邦大学医療センター大森病院産婦人科、森赤十字病院婦人科、東京腎泌尿器センター大和病院産婦人科部長を経て、平成25年、内出医院の2代目院 […]

ピル服用者はコロナワクチンを打つのは良くない?~谷内先生

生理痛のマネージメントでピルを服用する方も多いのでは? そんな中、コロナワクチンの接種を考えた時、なにか特別な副作用とかあったら…心配ですね。 ネット情報にも入りいろな意見があります。 庄司産婦人科 谷内麻子先生がお答えくださいました。   庄司産婦人科 谷内 麻子先生 聖マリアンナ医科大学医学部卒、日本産科婦人科学会専門医、日本女性医学学会認定医専門は生殖内分泌、周産期、更年期、女性の […]

ピル服用者はコロナワクチンを打つのは良くない?~清水先生

生理痛のマネージメントでピルを服用する方も多いのでは? そんな中、コロナワクチンの接種を考えた時、なにか特別な副作用とかあったら…心配ですね。 ネット情報にも入りいろな意見があります。 ここは、清水先生に解説していただきましょう! ポートサイド女性総合クリニックビバリータ 清水 なほみ 先生 2001年、広島大学医学部卒業。広島大学附属病院産婦人科、ウィミンズウェルネス銀座クリニックなどを経て、2 […]

生理とのつきあい方

学生から社会人になると、生活環境の変化などで生理痛がひどくなったり、生理不順になることもあるようです。 仕事を頑張りたいと思っても、生理で心身の状態が乱れると困りますよね。 これからも生理と上手につきあっていくための方法を、ごきそレディスクリニックの小川麻子先生に教えていただきました。 ごきそレディスクリニック 小川 麻子 先生 愛知医科大学卒業後、臨床研修医を経て医学博士号取得。3児の母。199 […]

アスリートがピルを上手に活用するためには?

女性アスリートがピルを服用するメリットとリスクについてみずほ女性クリニック院長・津田浩史先生に伺いました。   スポーツ界での女性の活躍にもめざましいものがあります。ただ、男性と違って女性アスリートには月経という問題があります。欧米ではピルでの月経コントロールは当たり前ですが、日本ではまだまだのようです。アスリートがピルを服用するメリット、リスクについてみずほ女性クリニック院長・津田浩史 […]