CATEGORY

女性ホルモン

生理痛や生理不順はピルで解決!? でもピルは太るの?

生理痛や生理不順でピルを飲む女性が増えています。一方で、ピルを飲んで体重が増えたと耳にすることも多く、服用をためらう人もいるようです。ピルの疑問について、聖マリアビルクリニック院長の堺正長先生とメディカルエステ院長の堺玲子先生に伺いました。 婦人科ではピルは太らないといわれたけど本当?   現在、婦人科で生理痛や生理不順の治療で処方するピルは、低用量のピルが主流です。 結論を先に申し上げ […]

女性ホルモンと上手に付き合うためには?

女性ホルモンは、体内で数多くの種類が分泌されているホルモンの一部でしかありません。「メディアによって間違いが広まっていますが、それは女性にとって本当に残念な事態です。 」というやすこレディースクリニックの林康子先生にお話を伺いました。 体内には約70種類のホルモンがある。女性ホルモンはあくまでその一部! 体調が悪いと、その原因を女性ホルモンのせいにする人がいます。もしくはホルモンといえば、女性ホル […]

知っておきたい女性ホルモンのはなし

近ごろ健康情報誌やwebサイトでは、ホルモンに関するいろいろな説が飛び交っています。そこで今回は、女性に関係する大切なホルモンについて、いけした女性クリニック銀座の池下育子先生にお話を伺いました。 女性に大切な4つのホルモン 私たちの体の各部分ではさまざまなホルモンが分泌され、必要な場所で生命維持のために働いています。 なかでも女性に大切なホルモンはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄 […]

レディースチェック★仕事も子供も!自分の希望を叶えるために

初潮を迎えて生理があれば、誰でも子どもを望むタイミングで妊娠できると思っている人は多いのではないでしょうか? 体をめぐる若い女性の意識について、白金高輪海老根ウィメンズクリニックの海老根真由美先生にお聞きしました。 多くの女性は、自分の子宮や卵巣の健康に無関心 乳がん・子宮頸がんの婦人科検診率は20~30%(※)とかなり低く、子宮や卵巣は健康か、排卵は正常か、性病に感染していないかなど、自分の生殖 […]

「なんとなく不調」は 女性ホルモンの乱れが原因?

生理不順や生理痛、むくみやイライラ、落ち込みなど、病気ではないけれど「なんとなく不調」を抱えている女性は多いのでは? これらの症状を引き起こしているのは女性ホルモンの仕業なのでしょうか? 原因や対処法について、対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座の大山香先生に詳しいお話を伺いました。 自律神経が不調になると女性ホルモンも乱れる 当院に来院する患者さんのお悩みで最も多いのが、生理に関するトラブルです。 […]

ホルモンの「バランス」とはなにか?

体の調子が悪いと「ホルモンバランスが崩れている」と言ったりします。しかし、実はホルモンがどういうものなのかも分からず、そう口にしている人が多いのではないでしょうか? そこで、的確で親身なアドバイスで定評のあるやすこレディースクリニックの林康子先生に話を伺いました。 そもそもホルモンとは? ホルモンとは体内で作られ、血液で運ばれて様々な臓器や体の部位に働きかける物質です。ホルモンは約70種類あると言 […]

生理前に食欲旺盛?生理前後の過食の原因と改善法

日常生活で感じるちょっとした症状から、婦人科系の病気の可能性を探る<これって婦人病のサイン!?のコーナー。生理前になるとついつい食欲が増し、食べ過ぎてしまうのはなぜでしょうか? 生理前に食欲旺盛になるのは女性ホルモンのしわざ 女性の月経サイクルはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンによってコントロールされています。 エストロゲンが分泌されている間は新陳代謝 […]

第10回 月経痛は我慢しないで診察を受けよう!

前回の「第9回 月経痛のメカニズム」では、痛みの原因とその対処法について解説しました。では実際に、月経痛の相談に来た母娘と医師のやりとりをみてみましょう。 <症例3> 彩香ちゃんは高校2年生。バレーボール部でセッターをしている活発な女の子だ。月経痛の悩みで母親と一緒に来院した。 彩香:小学6年生で月経が来てから、ずっと月経痛に苦しんでいます。最近では市販の鎮痛剤もあまり効かなくなって、痛い時は3~ […]

第9回 月経痛のメカニズム

1.痛みの原因 思春期にみられる月経に関するトラブルで、月経不順に次いで訴えが多いのが月経痛です。 月経時には子宮が収縮して月経血を押し出そうとしますが、思春期の子宮は、発育が未熟で子宮頚管(子宮の出口)が狭いため、月経血が排出されにくく、子宮の収縮が下腹部に激しい痛みをもたらすのです。 子宮の収縮には、月経前から月経中にかけて子宮内膜のなかで分泌されるプロスタグランディンという物質が関与していま […]

第8回 ダイエットは要注意

前回の「第7回 摂食障害を放置してはならない」では、摂食障害と女性ホルモンの関係について解説しました。では実際に、拒食症の相談に来た母娘と医師のやりとりをみてみましょう。 <症例2> 絵里ちゃんは14歳の中学3年生。身長158cm、体重38㎏。 お母さんに連れられて来院した。初経が来たのは2年前。その後、多少の遅れはあっても月経は順調に来ていたが、半年前からパタリと止まってしまったという。 医師: […]